真向法協会本部>全国真向会等一覧>神奈川県

神奈川県の真向法ストレッチ体操教室、生徒募集中!

真向法ストレッチ体操とは

それでは、実際に真向法ストレッチ体操教室に通う生徒さんたちの声を聞いてみましょう。

夫婦で今では真向法がライフワークに

山中淑子、昌之さん(真向法暦3年 夫婦、60代)

山中さんご夫婦

夫は脊柱間狭窄症に苦しみ、整形外科はもとより整体等いろいろ治療を受けたものの症状は変わらず、外科手術をしても完治の保証は無いと診断を受けました。

「この年齢で腰痛に耐えながら人生を過ごしてなるものか・・!」

私達は持ち前の野次馬根性をバネに「背骨を真っ直ぐに近づける方法」を素人の目線で模索をはじめました。

新聞や雑誌、広告、テレビショッピング、インターネットで情報を得ながら、コルセット、靴の中敷、腰を温めるためのゲルマニウムやホカロン等々、些細な力の結集に望みを賭けたのです。

インターネットでの出会いが真向法でした・・

そして夫婦で只今3年生。現在、普通に歩け、時には2万歩も歩いたと私をハラハラさせることもあります。

何が効いたのでしょう?・・・全部と思っています。時には出かけるのが億くうでも「終了したときの爽快感」が真向法の魅力でしょう。日常で歪んだ五体をほぐしてくれる補導体操がスゴイ。

「痛いのは体が喜んでいるんですよ」
「夫婦で今さら5本の指を絡めることなどないでしょ(笑い)」

そう、真向法だから出来るのです。今は大切なライフワークの1つ。あまり良い生徒ではない私たちですが、意義の理解度としては良い生徒と自負しています。

 

足がつらくなくなり、正座が出来るように

宮崎美知子さん(真向法暦5年 主婦、60代)

宮崎さん

毎週教室に通っています。おかげさまで体が本当に柔らかくなり、日常の動きも良くなり、普段意識しない呼吸を意識するようになりました。

又、一番うれしいのは正座ができるようになったことです。そして持病の気管支拡張症も改善され、驚いています。

おそらく補導体操が効いているのではと思います。(特に背中を押してもらうこと)

今では補導体操はすっかり覚えたので主人にもやってあげたりでとても喜ばれています。

 

ヒザ痛、肩こりが

小貝啓子さん(真向法暦4年 主婦、50代)

小貝さん

始めて変化したことはひざ痛がなくなったことで正座が楽になり、ひどい肩こりが消えたことです。

真面目ではないので真向法は上達しませんが、教室の補導体操はとても体がリフレッシュします。最近では冷え性も改善したように思います。

 

健康に対する意識が変わった

平塚佑季さん(真向法暦4年半 主婦、30代)

平塚さん

真向法体操を始めて4年2ヶ月が経ちます。自分自身の中で一番変化したと思えることは、「健康に対する意識」です。

私が真向法体操を始めたきっかけは、カナダ留学から帰国して少し太ってしまったこともありダイエットができたら・・・という思いから始めました。

真向法体操を始めたばかりの頃は、ただ体を床につけたい一心でしたが、慣れてくると、真向法体操をしている時の姿勢や呼吸法にも気を配ることができ、それとともに脂肪が筋肉に変わったりして「健康を保つ」「いつまでも若々しく生きる」ということに興味がわいてきました。

私自身、ストレスを感じやすい性格なうえ、時間の余裕もあまりない中で少しでもストレスを緩和できるよう意識したり、食生活に気を配ったりと日々努力を続けております。

「真向法体操」・・・と聞いた時にあまり馴染みがないので、「どんな体操だろう??」と思われる方も多いかと思います。(私もそのように思ったうちの一人でした。)

しかし、体操のポーズは誰もが知っているシンプルなもので時間もかからず、どこでも気軽に行うことができるので何か健康になることをしたいけれど、時間のない方には特にピッタリだと思います。

いつか先生のように真向法体操を人に教えられるよう、これからも続けていきたいと思います。

 

姿勢がよくなりました

村瀬敏子さん(真向法暦5年 会社員、50代)

村瀬さん

私はもう古株ですが、通うたびに気づきがあって、やる気が湧きます。

真向法は簡単なようで難しいですけど、初めのころに比べたら股関節は格段に柔らかくなリ、気になっていた姿勢もだいぶ良くなりました。

やはり継続は力なりと実感しています。

 

死ぬまで続けて行くつもりです

木村信之さん(真向法暦2年 60代)

木村さん

真向法は20年前に知人より勧められ知っていましたが、実践しませんでした。いやできませんでした。

なぜかというと人の2倍3倍?体が硬いし、猫背でした。第1体操から始まり、何1つできませんでした。

脊柱管狭窄症といわれ、足のしびれに悩まされ、ひどい時は1分間の歩行もできませんでした。

なんとかしなくてはと思い、真向法の門をたたいたのです。

体験教室に参加すると補導体操が体に刺激を与え、体がとても痛気持ち良いのです。そして歩くことがこんなにそうかいだとは思いませんでしたし、猫背の背中が、ピンとなった感じでした。

もちろん猫背はそう簡単には治りませんが、意識が大切だと先生から教えを受けております。

毎日真向法は実践しておりませんが、体験時の痛気持ち良いが魅力で今まで続いているのだと思います。また続けていたからこの程度で治まっていると自覚しております。

できるなら、死ぬまで続けて行きたいと考えております。”自分の体は自分で守る”これが無いとダメだと思います。

このホームページは公益社団法人 真向法協会(内閣府認定)に加盟し、許可を得たホームページです。